昭和大学

腫瘍分子生物学研究所

腫瘍分子生物学研究所は「臨床」と「基礎」結ぶトランスレーショナルリサーチを行います

About us腫瘍分子生物学研究所について

本研究所は、がんに関連する分子機構を解析し、腫瘍の発生機序、生物学的特性、診断、治療に関する基礎研究を行う専門施設として、1996年に開設されました。
基礎と臨床のトランスレーショナルな研究を推進し癌の新たな治療戦略の確立に寄与することを目指しています。
また、臨床薬理学およびゲノム薬理学を駆使して、科学的な根拠に基づいた個別化医療の確立を目指すトランスレーショナルリサーチを進めています。

詳しくはこちら